デマンドサイドプラットフォーム(DSP)の仕組みと選び方

DSPの仕組み

デマンドサイドプラットフォーム(DSP)は、デジタル広告のリアルタイム購入をサポートするテクノロジーソリューションです。DSPは、統合されたターゲティング、データ、最適化、レポートを用いてエクスチェンジとパブリッシャーでのメディア購入を自動化します。トランザクションにリアルタイム入札を使用すれば、DSPがアドコールをキャンペーンのパラメーターと比較評価し、いつ、どこで、どの価格でユーザーに広告を届けるかを決定します。

DSPによるデジタル広告キャンペーンの展開方法については、『The Life of an Ad.』をご覧ください。Turnが提供するこのガイドでは、テクノロジー・エコシステムにおいてアドコールが辿る道程が説明されています。

マーケティングのプロたちは、デジタルキャンペーンがそのビジネスゴールをできるだけ効率的に達成できるよう、益々デマンドサイドプラットフォーム(DSP)という広告技術に依存するようになっています。多くの競合するサービスが出回る中、広告キャンペーンを正確かつ効果的に実行できる最適なDSPを選ぶにはどうすればよいでしょうか?

パートナになるDSPベンダーを選ぶ時には注意が必要です。DSPの仕組みを熟知していなければ、プロバイダー間の重要な違いを見抜けることはできません。また、どのテクノロジーが広告の目標を最適にサポートしてくれるかを調べることも難しくなります。

 

詳細情報