顧客データを活用した広告配信技術 Winterberry ホワイトペーパー

今日のアドテクノロジーの分野において、顧客データを活用した広告配信、マーケティングが論じられる場合、革新的な発見によってもたらされた、デジタル時代の産物であり、全く新しい概念と思われがちです。しかしながら、大量に蓄積された顧客データを一元管理して分析することで包括的な洞察を得ることが可能になり、適切なマーケティングの意思決定ができるという「データドリブンマーケティング」の起源は、数百年も前に遡り、予約購読雑誌や通信販売カタログの時代に既に存在していました。こうした媒体を通じた顧客データの保存と蓄積は、「ダイレクトマーケティング」という分野全体の成長を実現しました。「ダイレクトマーケティング」は、国における経済活動で年間何億ドルものビジネスを生み出し、新しいデジタル経済における商習慣や原則の基盤を築き上げました。

歴史の教訓はさておき、顧客データの真の力は、過去に関連するものではありません。今後の可能性に関わるものであり、広告主やマーケター、メディアプロバイダが、よりインパクトのあるメッセージを発信し、無駄な出費を減らし、新製品の開発を最適化し、顧客体験の質や形を改善する機会に繋がるものです。さらに、未開拓の市場や新たなターゲットとなる消費者への扉を開くことで、何兆ドルもの新たな価値を引き出します。

これこそが、まさに「顧客データ」が持つ機会創出の力なのです。有力で新しいプラットフォームがアドテク市場に登場すると、マーケティング関係者が騒ぎたてるのはこのためです。なぜテクノロジー企業や投資家が、より大規模で優れた情報インフラの構築のために企業買収や製品開発に巨額を投じたのか。企業の規模にかかわらず、マーケターが、ターゲットオーディエンスの全体像を構築するためにDMP(データマネジメントプラットフォーム)やオンボーディングソリューションなどを活用して、既存またはデジタルの様々なデータを積極的に関連付ける理由は何か?これらの共通点は何か︖どれもが、データの展開により、従来型のマーケティングの枠組みを変えようとしています。また、そのための原動力として、周到にテクノロジーを導入する必要があります。

マーケターの多くは、「顧客データ」という物語を聖書の一節のように引用します。しかし、多くの場合、どのように使われ、どこで開発され、時代とともにどう進化していくかを述べることは、常に困難な課題です。

当ホワイトペーパーは、マーケターや媒体などが、広告、マーケティング、顧客エンゲージメントのためにデータを集約、管理、展開する際に使用するさまざまなプラットフォームとアプリケーションをはじめとする、急速に進化しているアドテクノロジーの分野を考察するものです。Interactive Advertising Bureauの協力を得て、LiveRamp、Signal、Turnの後援により作成した当ホワイトペーパーの研究成果は、大々的な調査に基づいています。調査は、50以上の広告主、マーケター、媒体、技術開発者、マーケティングサービスプロバイダー(主として北米に拠点を置いている)に対し、電話、オンライン、対面で、2014年8月-12月に実施しました。

 

協力

iab logo

協賛
supporting org


内容

  • アドテクノロジー基本用語集 
  • マーケティングに携わる、広告主、媒体、マーケター、データ提供者、技術開発者の割合
  • 広告配信、リターゲティング、DSP、SSP、DMP、CRM、タグマネジメントなどへの専門知識、使用経験に関する調査
  • データドリブンマーケティングの事例
  • 広告プラットフォームの使用事例

当ホワイトペーパーは下記より必要事項を入力いただくことで、ダウンロードが可能です。

詳細情報