加速するプログラマティック:ブランドと広告代理店がメディア環境に散らばる顧客を探し求める中、リアルタイム入札(RTB)市場は勢いを増し、ディスプレイ広告を超えて急速な変貌を遂げようとしています。

ディスプレイも停滞してはいません。むしろそれとはほど遠い状況です(しゃれではありませんので、念のため)。2014年1月~4月期、ディスプレイ広告の競争率は相変わらず高いままでしたが、他のデータドリブンマーケティングのチャネルは熱狂状態でした。金融サービス業や旅行業などの業界では、すべてのチャネルで競争と費用が両方とも高止まりしています。全般的に垂直業界では、経験豊富なマーケターがクロスチャネル効果の新しい評価を用いてデータとアプローチ計画を活用していることから、支出のボラタリティは低下しています。支出が円滑になれば、より積極的なメディア計画が可能になります。今年の四半期末の時点で、従来型のマーケティングに割り当てられている予算は、2013年の同じ時期と比べ、遙かに少なくなっています。広告主は事前にプログラマティック戦略を計画し、市場の季節パターンと変化により周到に備えています。より戦略的にプログラマティックキャンペーンの実施方法を考え、チャネル間で最大限のオーディエンス効果を上げるマーケターには、称賛が集まります。

どの業界でもすべてのチャネルに参入するマーケターが増えていることから、使用可能なインベントリをめぐる激しい争奪戦がもたらされています。マーケターは、どんどん賢くデータを利用し、費用の的を絞って、メディア環境全体で顧客を発掘しています。ボラタリティの程度はチャネル間で異なりますが、見識に基づいて推察するなら、最近のディスプレイ市場に見られるように、モバイル、ソーシャル、動画もすべて安定したハイレベルの競争に向かうでしょう。ですから、もし市場の成熟度を知りたければ、ディスプレイ広告の中にそのヒントを探し、このレポートを読んでデータ経済学とインサイトが環境にもたらしている変化に目を向けるとよいでしょう。

これに加えて、第二のTurn Advertising Intelligence Index (TAII) をご紹介します。TAII は、市場の競争レベルを測定する世界基準の手法、ハーフィンダール指数(HHI)に基づいて、広告業界を評価するものです。TAIIが低いほど市場の競争が激しく、TAIIが高いほど競争が少ないことを意味します。詳しい内容は、続きをお読みください。

Turn Digital Audience Intelligence Index - May 2014

詳細情報