データとテクノロジーが一つになり、広告業界とマーケティング業界を一変します。

消費者データはもはやダイレクトマーケターだけの管轄ではなく(また、急成長中の「プログラマティックマーケティング」の要と認識され)、ほぼすべてのデジタルメディアおよび既存メディアにわたるさまざまなプログラムに必要なものに成長しています。また、消費者データを活用して適切なマーケティングの意思決定を行う、データドリブンマーケティングに重要な役割を担っています。同様に、熱狂的なペースで行われる新規投資(投資銀行PetskyPrunier LLCによると、2014年に米国のマーケティングテクノロジー業界では978件の契約が締結されており、その総計は194億ドル)が、貴重な情報資源を活性化させるツールの革新をいまだかつてないほど推進しています。

大局的には、マーケターの新たな任務は明白です。それは、このテクノロジーの変化の潮流を完全に掌握することです。さもなければ、俊敏な競争相手に対して形勢が不利になります。しかし実務レベルでは、今日のテクノロジー業界の動向は、圧倒されるほどに複雑化しています。対応可能なデータの量と速度が増し、マーケターたちが現状維持にも苦労している一方で、サプライヤー統合や新しい破壊的ツールがひっきりなしに登場し、それを取り巻く業界の様相が一変しています。マーケター、媒体、エージェンシーには(そしてテクノロジー企業自体にさえ)苛酷な戦略の選択肢が突き付けられているのです。

本記事はWinterberry Groupによるホワイトペーパー、「マーケティングデータテクノロジー︓複雑性の軽減 」の一部を掲載しています。全文をご覧になりたい方は下記より必要事項をご記入いただくことでダウンロードが可能です。

 

 

詳細情報