目標:コンバージョン率だけでなく、より豊富な情報に基づいてメディアバイイングを最適化し、総投資資産を増やす。

 ある金融サービス会社は、コンバージョン率だけでなく、より有意義な成功の評価基準に基づいて検索・ディスプレイメディアの費用を評価したいと考えていました。特に、高価値の顧客を最小限のコストで引きつけるメディア戦術を把握することが同社の希望でした。このような知識を活かせば、メディアバイイングを最適化して、総投資資産を増やすことができるということです。

 解決策:Turn DataMine Analyticsで、質とコストの観点から検索・ディスプレイのメディア購入を分析する

 この金融会社は、自社のメディアバイイングの最適化の課題に対して、カスタマイズされたデータドリブンな回答を出すよう、TurnのMarketing Science Servicesチームに依頼をしました。チームは、まず、データマイニングツール「DataMine Analytics」で洗い出しと分類を経て蓄積された同社の既存キャンペーンデータに、オーディエンスの質を示す外部データを追加しました。同社はコンバージョンユーザーの質を平均投資可能資産に基づいて決定しているため、Marketing Science ServicesチームはTurnのサードパーティデータエコシステムから投資可能資産に関するデータを持つパートナーを選び、情報提供を受けました。

メディアプランにおけるコンバージョン率とメディア費用1ドル当たりの資産の項目別比較

メディアプランにおけるコンバージョン率とメディア費用1ドル当たりの資産の項目別比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


情報源:金融サービス会社向けTurn DataMine Analyticsのデータ


詳細情報