peer39 quote box

壮大なクロスチャネルの顧客追跡戦の中で、広告主は異なるデバイス、メディア、広告フォーマットに渡って、できるだけ多くのコンテキストでターゲットオーディエンスをエンゲージしたいと考えています。しかし一方で、広告主は広告が公序良俗に反するサイトに表示されることで、企業のブランドの毀損が発生することを避けたいと考えています。

費用対効果の高いキャンペーンを実施しながら、同時にブランドを保護するためには、どんな方法がベストでしょう?どのように意図しない媒体への配信を避け、リーチとスケールを最大化すろことができるでしょう?

ブランド保護とリーチの適正なバランス、つまり包括的な事業目標を損なうのではなく、むしろ前進させるバランスを見つけることは、現在広告主が直面する最も厳しいハードルのひとつです。いくらマーケターが堅牢なマルチベンダーメディアツールボックスを自由に使えても、「ブランド保護の芯」を捉まえることは今までと変わらず微妙で難しい作業です。

 こちら でブランド保護のチェックリストを確認し、適切なバランスを探し当てる方法を見つけましょう。 

TURNのアドベリフィケーション機能についてのインフォグラフィックは こちらでご覧になれます。